スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

ジャグラー勝てない理由は店選び

ジャグラーで勝てない原因とは?

S__5349382

ジャグラーで勝てない理由は、単純明快です。
それは、通っているホールのジャグラーの設定が、全台1か、ほんとどの台が1で、たまに2とか3とかがある程度だからでしょう。

ジャグラーの島の設定状況は、イメージで言うとこうなります。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

端台から・・1、1、1、1、2、1,1,1,1,1、3

こんな設定状況の店では、勝ちようがないですよね。
そうなんです。勝ちようがないんです。

でも、ほとんどのホールでは、上記のような設定状況だと思われます。
ジャグラーデータ

その理由は「この店は高設定を使っているな!さすが優良店だ!」という優良店でさえ、上の写真のとおり、ジャグラーシリーズ全台の総ゲーム数、総ビック回数、総バー回数をエクセルに打ち込んで計算してみると、設定1程度のボーナス確率になるからです。
かろうじて、設定1よりかは良い!というレベルでしょうか。
優良店ですら、こんな状況ですから優良店でない店のジャグラーは、もっと酷いことになるでしょう。

この話は大袈裟でもなんでもなく、現場の実際の、ありのままの話です。
実際に通っているホールのジャグラーシリーズ全台の総ゲーム数、総ビック回数、総バー回数をメモして計算してみると、いかに現実が厳しいか?を実感できそうですね。

それでも、昔も今も、ジャグラーの島には人がいます。

4号機時代の話です。ジャグラーマニアな私は、ひたすらジャグラーで勝つ方法を探していました。
高設定狙いの立ち回りをしており、なんとか朝1から閉店まで打って、プラスをだせる時もありました。しかし多くは負けていました。

いろいろな店のジャグラーのデータをチェックし、いろいろな店でジャグラーを打ち、かなりの時間をジャグラーに費やしましたし、ジャグラーの島にいた時間は相当な時間になります。
その結論としては、だいたい、どのホールも、ジャグラーの設定は、ほぼオール1だということです。

オール1でも、1日の中で適度に連チャンしたりハマったりするし、オール1の据置にしておけば、今日はふいて、次の日は沈んで・・と適度に暴れるため、客から見ると、いろいろな設定を使っているようにも見えます。

そのような理由から、オール1でも、ジャグラーの島には人がいて稼働があるのです。
死んでいる島もある中、どの店であっても、ジャグラーだけはそこそこ稼働がありますよね。

逆を言えば、高設定なんていれなくても客は勝手に打つのだから、店は高設定なんてジャグラーに入れない!とも言えそうです。
ジャグラーの設定6を使い始めれば、ジャグラーマニアなスロプロや、スロット生活者が、その台を朝からゲットして、閉店までぶんまわすようになるでしょう。
すると、一般のお客様に出玉として還元できません。

つまり、店側からすると、ジャグラーでは高設定を使うメリットや、高設定を入れる理由がないわけです。
設定1でも赤字になる台もあるし、黒字になる台もある中、高い確率で確実に赤字になる設定6なんて、わざわざいれないでしょう。
特別な理由がない限り、ジャグラーの6なんて使わないわけですね。

「ジャグラーは負けにくい。遊べる」ということでジャグラーばかりを打っていても、月間トータルでは数万円は簡単に負けてしまいますよね。
パチンコ屋に行く頻度が多い場合は10万円以上、負けてしまう月も珍しくないかもしれません。
ジャグラーの設定1の機械割は、他の機種の設定1の機械割と、ほとんど変わらないためでしょう。

たとえジャグラーといえど、何度も打っていれば、ほとんどの台は設定1のため、他の機種と同じくらいの負け額になってしまうようです。

まとめると。
ジャグラーで勝てない理由は、パチンコ屋におかれているジャグラー台の設定のほとんどが設定1だからです。
私達は比較をすることでしか認識・理解できないため、本当は、そのことが、設定6しかおいていない店に1ヵ月通えると、よくわかるのですが・・・現実的には無理ですものね。
ジャグラーだろうと、他の機種だろうと、打っている台の設定が低設定なら、長期的には負けるし、高設定なら勝つことになりますよね。

そして現実的には、店には、ほぼ設定1しかおいていない厳しい現実があるようです。
だからジャグラーでは勝てないのでしょう。

しかし、あまり見たくない厳しい現実を見て「あぁ、どの店もジャグラーには高設定がなくて、低設定しかないな。そのため打っていれば長期的には、負け額が増えていくことになる。」と思うと、ジャグラーを打つのが嫌になってきますよね。

そういう意味では、負けても良いのでジャグラーを楽しむためには、オカルト理論・・・例えばジャグラーの波理論などを信じる方が良いのかもしれません。
ジャグラーの設定5や6なんて、ほとんどのホールに存在しないため、ジャグラーの高設定のみを打とうとすると、ジャグラーを打つ機会がなくなってしまうからです。
いや、この話、本当なんですよ。

そして打つ機会を増やすには、とにもかくにもパチスロジャグラーシリーズに高設定を実際に使っている店を見つけることだと言えそうですね。スロットで勝つためには店探し・店調査が、最も重要なことだと言えるかもしれませんね。

★まとめ★

①ジャグラーで勝てない理由は、そもそも店に設定5や設定6が使われていないため。設定5や設定6が使われていない店でジャグラーの高設定狙いの立ち回りをすると{高設定っぽい出方をしている低設定・中間設定}の台を打つことになり、1ヶ月のトータル収支では負けることになってしまう。

②ワンフロアが全てジャグラーというジャグラーの超優良点で、各台のデータを見て衝撃を受けた時の話→ジャグラー設定6の本当のデータ(【第15話】ジャグラー設定6への道のり)

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
初めてでも安心!スロットのやり方
パチスロジャグラーの打ち方初心者編
初めてのスロットの打ち方!
ジャグラー設定6の挙動や見分け方