スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

ジャグラー設定6の挙動や見分け方

ジャグラーの設定6の本当の挙動とは?

dorubako1

パチスロジャグラーシリーズの設定6は最高ですよね。
1日中、打っていたい台No1は個人的にはジャグラーの設定6です。
1度、朝から閉店まで、ジャグラーの設定6を打ち9000枚以上でたことがありますが、その時は、ほとんどハマらず、確か300以上ハマったのが2回くらいで、壊れたかのように光り続け、コインがどんどん増えていき最高でした。

さて、そんな最高の台であるジャグラーの設定6を打つ上で、最も重要になることは・・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

設定6が使われている店でジャグラーを打つことです。
いや、これ本当に、本当に大事なんです。
店としては、よほどの理由がないとジャグラーに6なんて使わない!とも言えるかもしれません。6を使わなくても客がくるからです。
また、6を使うとセミプロ・ジャグプロみたいな人達がおしかけるようになり、その人達が朝から設定6を打ち続けるため、他の客は設定6を打つことができないばかりか、設定6を使うせいで設定が下げられた他の多くの設定1の台を打つことになります。
一般のお客さんに出玉を還元できなくなるわけですね。
※一般のお客さんに出玉を還元するには、設定6を1台使うより設定4を2台使った方が、より多くのお客さんに出玉を還元できる。

そのため、多くの店では設定6なんて使っていない・・と思ってOKかもしれません。
でも、客付きの多い優良店では、たまに設定6っぽい台を見かけます。

ジャグラーの設定6の台とは、どういった出方をする台なのでしょうか。

ジャグラーの設定4と設定6の違いは、やはり、主にバー回数にあるよう思います。
ビック確率の設定差は少ないため、設定4であっても引きが強ければビック回数は引きが弱い時の設定6以上にでます。
これは、よくあることです。
シュミレーション上もそうですし、パチ屋のジャグの島に長い時間・回数いて、そう感じます。
ビックに関しては設定差が少ないので乱暴に言えば、設定1でも設定6でも{ヒキ次第}とも言えるかもしれません。

設定1でも、ビックの引き次第では、グラフは綺麗な右肩上がりになり、何千枚も出ます。
そのためジャグラーは、ビック確率と出玉とグラフの推移だけでは設定判別が不可能な台だと言えるかもしれません。

でも、バーは違います。
設定1では、どんなに引きが強くても設定6以上のバー回数・バー確率にはならないですね。バーは設定1と設定6とでは設定差が大きいからです。
そういうわけで、ジャグラーの設定6を見分けるためには、バー回数に着目して立ち回ることが王道ですし有名ですよね。

では、実際の設定6の探し方を見てみます。
まず、そもそもジャグラーの設定6を設置している店かどうか?を確認します。
ジャグラーなんて、わざわざ設定6をおかなくても客は来て打ちますし、設定6を使うことで、その分、他の台の平均設定が下がるくらいなら、設定6は使わず中間設定メインで、客に遊んでもらった方が店側にはメリットがありますので、そもそも、ジャグラーの設定6を設置していない店の方が多い!という疑った目で店選びをすることが重要となりそうです。

ジャグラーの設定6を使っているかどうか?は、バー確率が設定6以上に出ている台があるかどうか?で判断します。
1日のバー回数が48回とか、バー確率が大幅に設定6を上回っているとか、さすがに、どんなに引きが強くても設定4じゃでないでしょう。
そんな感じで「この総回転数で、このバー回数は、設定6じゃないと無理だよね。いくらバーの引きが強くても・・。」と見ていけば、本当にジャグラーで設定6を使っている店がわかってきそうです。

設定1でも設定6でも、設定がなんであれ、3回に1回は設定値以下の出方をし、3回に1回は設定値付近の出方をし、3回に1回は設定値以上の出方をします。
設定1だから、毎回、設定1のボーナス確率の出方をするわけではないですよね。
設定1でも、設定1以下の死に台になることもあれば、設定1程度の出方をする台になる場合もあるし、設定1以上の出方をする場合もあります。

それは設定6でも、そうです。

設定6も、設定6以下の出方になる場合もあるし、設定6程度の出方になる場合もあるし、設定6以上の出方になる場合もあります。
そのため、本当に設定6を複数台、毎日のように使っている店では、毎日のようにバー確率が設定6以上の台が存在することになります。
パチスロ台は、ジャグラーを含め3回に1回は設定値以上の出方をすることになるからです。

※なので全台設定1でも、3台に1台は設定1以上の出方となるため、客が出玉だけを見て店を判断すると「まあまあ出ている台もあるな。中間設定くらいの台は、まあまああるんじゃない?」と感じることになる。そのためオール設定1の店も結構ある。

貴方の通っている店では、毎日のようにバー確率が設定6以上の台が存在してますでしょうか。
3000回転とか短いゲーム数ではなく、7000回転、8000回転も回されているのに、それでもバー確率が設定6以上の台が毎日のように存在するなら、その店はきっと、本当に設定6を複数台、毎日のように使っているのでしょう。素晴らしい優良店ですね。

もし、通っている店に、設定6付近の出方をしている台はあっても、設定6以上のボーナス確率の台がないなら、その店は設定6は使っていないかもしれません。
本当に設定6を複数台、毎日のように使っている店では、毎日のようにバー確率が設定6以上の台が存在することになるからです。

その理由は、前述しましたが、どの設定でも、3回に1回は設定値以上の出方をすることになるからです。
そのため設定4でも、3回に1回は設定5や設定6くらいの出方はしかねない・・わけですね。

この部分は、とても重要な部分なので話が重複しますが説明させてください。

通っている店に、設定6付近の出方をしている台はあっても、設定6以上のボーナス確率の台がないなら、その店は設定6は使っていないかもしれません。

その店の最高設定は4くらいかもしれませんね。設定4でも3回に1回は設定4以上の出方をすることになるからです。設定4がふいたら、その台は設定6の台に客からすると見えるわけですね。
自分のマイホームには愛着があるため、「設定6付近のボーナス確率の台は、たまにあるから、この店は設定6を使っている!」と信じたくなる気持ちもありますが、本当に設定6を毎日使っていれば、設定6以上のボーナス確率になる台・・特にバー確率が設定6以上の確率でひけている台が、でてくることになります。

自分が通っている店が「バー確率が設定6を大幅に上回る台は・・見たことないな」という場合、その店には、設定6はないかもしれません。

ジャグラーで1番ヤバいのは、高設定が置かれていない店で高設定狙いの立ち回りをすることです。
高設定が置かれていない店で高設定狙いの立ち回りをすると、高設定っぽい出方をしている低設定に毎回座ることになり、高設定っぽい出方をしている低設定を「高設定だ!だってバー確率が良いもん」ということで、一生懸命にぶんまわすことになり、その結果、月間の収支はマイナスになります。

バー確率が設定6以上の台が毎日のように存在するホールを探しましょう。
ジャグラーで勝つためには、そのようなホールが見つかるまでジャグラーを打つべきではありません。ジャグラーはノーマルAタイプの台であり高設定を打ち続けることでしか月間の収支をプラスにできないからです。
※趣味として楽しみで打つなら別ですが。

ちなみに、ジャグラーに高設定を入れることが出来るのは、ジャグラーで儲かっているからです。
店としては、ジャグラーの島で儲かっているから、設定6を入れて、儲けすぎた分をお客様に還元できるわけですね。
ジャグラーの島で赤字なのに、設定6は入れにくいわけです。
そして、その島が、店からすると儲かっているかどうか?は、稼働がどれだけあるか?でわかります。
パチスロは、機械割的には設定1でも96%くらいはあります。
つまり薄利多売でないと儲からないわけです。
もし設定1の機械割が72%とかであれば、稼働がそこまで多くなくても利益が出るかもしれませんが、96%の機械割では、薄利多売でないと儲かりません。

そういうわけで、ジャグラーの高設定台狙いをするならば、ジャグラーの島に、ある程度の稼働があることは必須です。
休日の昼間に、島の3分の1以上の台が空き台であれば、怪しいかもしれません。
平日の昼間に、島の半分以上の台が埋まっているようなら悪くないでしょう。
いつ行っても、島の7割以上の台が埋まっている店なら、期待できますね。
いつ行っても、空き台がないくらい稼働がいい店なら、かなり期待できるでしょう。
そのような店なら設定5や設定6が入れられているでしょうね。
ただ、そこまで稼働率が高いと、高設定台が空いても、すぐに別の客に取られてしまい、自分が座ることができません。

そのため、稼働率が6~7割くらいで、それでも高設定を使ってくれている店の方が立ち回りやすく、そういった店の方が設定6に座れる可能性がグンと高まるでしょう。

私なら、いくら設定6があるといっても、空き台がないくらい稼働がいい店では好んでは打たないかもしれません。
そういった店では、往々にして、設定6はあるものの、そこまで高確率で設定6が使われているわけでもなく、(設定6の台の台数が多いわけでもなく)そのうえ、客が多すぎて設定6に座るチャンスなんて得れないからです。

探せば、稼働率が6~7割くらいで、それでも高設定を使ってくれている店があると思います。
ジャグラーは高設定台でも空き台になる可能性が高い台ですので、稼働率が6~7割くらいなら、高設定台が空き台になった後、しばらく誰も座らない時間があります。
そういう店だと、空いた高設定台に座れる可能性が高まります。

パチスロで勝てるかどうか?は、店で決まると思っています。
店選びは面倒ですが、近隣にあるホールは全て調査するつもりで、店探し・店選びには力を入れたいとこですね。

「どの店で打つか?」で、月間の収支は、全然変わってくるんですよ。

★まとめ★

①パチンコ屋からすると。他の店がジャグラーに設定6を使っておらず、自分の店でも設定6を使っていないのに、それでもジャグラーには客がついている場合。あえて設定6を使う必要がない。そのため地域によっては「どのホールにもジャグラーに設定6が使われていない」ということがありうる。

②東京の新宿に行った際、1フロア全てがジャグラーというジャグラーの超優良店に行った時に本当のジャグラーの設定6のデータを見て衝撃をうけた話はジャグラー設定6の本当のデータ(【第15話】ジャグラー設定6への道のり)にて。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
初めてでも安心!スロットのやり方
初めてのスロットの打ち方!
ジャグラー連チャン後はハマる?
ジャグラー設定6の挙動や見分け方