スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

パチスロの天井狙いは宵越しが基本

宵越しハイエナのコツ

dorubako1

パチスロの天井狙いは、なんといっても「宵越しの天井狙い」に限りますよね。

{宵越し天井}とは、前日の閉店時のゲーム数と、当日のゲーム数を足した天井のことです。

例えば、天井が1000ゲームの機種の場合。
前日の閉店時のゲーム数が600ゲームで、本日のゲーム数が、ノーボーナスで200ゲームならば、前日の600ゲームと、現在の200ゲームを足して800ゲームということになります。

あと200ゲームまわせば、天井到達ですね。

前日閉店時のゲーム数を知らなければ、ノーボーナスで200ゲームの台にすぎず、とても打つ気はおきませんよね。
しかし、前日のゲーム数と合わせれば800ゲームですから、もう少しで天井です。期待収支が高そうですね。

というわけで、パチスロの天井狙いは「宵越しの天井狙い」がおすすめです。

普通に当日のデータだけで天井を狙うと、誰が見ても「あ、もうすぐ天井だ。この台、打とう。」とわかってしまうため、なかなか天井近くの台を打つチャンスが訪れません。
だって、天井が1000ゲームの機種で、800ゲームの台があれば、誰だって「あ、もうすぐ天井だ。この台、打とう。」と思っちゃいますよね。
そもそも天井付近でやめる人も少ないですし。

そのため、当日のデータだけで天井を狙う立ち回りは、客層の知識レベルが低いホールでないと、実際には使えないことになりそうです。
むしろ・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

スロプロ時代にハイエナのみで稼いでいた時期がありましたが、その時は、いろいろなホールでハイエナ台を探していたのですが、宵越し以外で、天井近くの台が運よく空いている!なんて店は、ありませんでした。
毎日、朝から晩までパチンコ屋にいても、そんな台、そうそうめぐり合うことがありません。

しかし、前日の閉店時のゲーム数を、わざわざメモっている人は少ないため、前日に閉店前のパチ屋に行き、前日の閉店時のゲーム数をメモりさえすれば、「宵越しの天井狙い」が行えるようになり、パチスロの天井狙いの立ち回りが、一気に有効な手段になります。

仕事があるせいで、夕方からしかスロットを打てない場合は、夕方まで{ノーボーナスで200ゲーム}などの台が多い、昼間の稼働が少ないホールが狙い目かもしれません。
そういった稼働の少ないホールは、3日くらいノーボーナスで100ゲームづつ、まわり続けることもあります。

「3日間のゲーム数を合わせると、900ゲームじゃないか!天井は1000ゲームなのに!この台、打たなきゃ損だよね」みたいなお宝台に出会えるのが、稼働の少ない店でハイエナする際の宵越し天井のメリットですね。

ただし、店側が設定変更を行いゲーム数がリセットされるリスクや、店側が天井前の台は天井に当たるまで打ってしまうリスクもあり、店が、そういったことをしないかどうか?を、しばらく通ってチェックしてから、宵越し天井を狙うようにしよう。

なぜなら、前日の600ゲームと、現在の200ゲームを足して800ゲームだと思っても、設定変更(同一設定の打ち直し。例えば設定1から設定1)がおこなわれていれば、ただの200ゲームの台になります。「あと200ゲームで天井だ」と思っているのに、当日のゲーム数が401ゲーム、402ゲーム・・となってきた時には、冷や汗がでてきますよ。

まあ、そこまで酷いことをするパチンコ屋さんは、ほとんどないでしょうけどね。
ちなみに、私が宵越し狙いを行っていた稼働の少ないホールでも、天井に近い台が、わざわざ設定打ち直し(設定1を設定1に打ちなおす)されたりはしていませんでした。
普通は、そこまでしないみたいですね。

★まとめ★

①普通にハイエナ立ち回りをしようとしても{ハイエナできる美味しい台}は空き台にならないため、ハイエナ立ち回りでは宵越し狙いが基本となる。

②宵越しハイエナの中でも、3日間くらいかけて天井に近づく店がライバル不在で最も勝ちやすい。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ
5円スロットで勝つ方法
初めてのスロットの打ち方!