スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

スロット朝一おすすめの狙い台は

朝1からジャグラーを打つメリットとは?

gogo

朝1のおすすめ狙い台といえば、ジャグラーです。
朝1のお勧め台はパチスロジャグラーシリーズなんです。
ちゃんと根拠があるんですよ。
どうして朝から打つのにジャグラーかって?
ジャグラーは・・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

設定変更の予想が立ちやすいからです。

店によって設定の入れ方は異なるのですが、なんらかのクセがある店も少なくありません。
「この店、絶対にランダムで設定を入れているよな。予想のしようがないよ」という店もありますが、わかりやすい店も多いように思います。
特に地域の中小規模のホールほど、設定が読みやすい傾向があるようです。

ジャグラーデータ

上の写真のように、毎日、各台のデータをエクセルに打ち込んでいくと、店の設定状況や設定変更の癖がわかってきて、勝率や収支が良くなるようですよ。ちなみにインターネットで出球を調べることが出来る店の場合、この作業を行うのが楽なのでお勧めです。

設定変更の店の癖には、主に2種類あるようです。「低設定→高設定(その分、高設定を低設定に下げる)」というパターンと、「高設定をあえて据え置き」というパターンです。

基本的には、しばらく出なかった台の設定を上げて、高設定通りの出方をした{出た台}の設定を下げるパターンが多いでしょうか。
その中で狙い目なのが{高設定なのにビックがひけなかったせいで、出玉自体は少ない不発高設定の据え置き台}です。

パチンコ屋は、高設定なのにビックがひけなかったせいで、出玉自体は少ない不発高設定台を、わざわざ「でも、この台は高設定だったもん。だから今日は低設定に下げなきゃ」ということで、低設定に下げたりすることが少ないようです。

高設定に設定変更した台は、高設定通りの出玉が出るまでは、据え置く場合も少なくないようですね。店側は、その台に出て欲しくて高設定にしたわけですから。

パチ屋でも月間の売り上げ目標や還元率目標などがあり、儲かりすぎて還元率目標を下回っている場合は高設定台を使うことで、客に出球で還元しようとします。だから高設定を使っているわけなのに、出なければ店だって困るわけです。そのため、出るまで高設定を放置する店も多いわけですね。

そしてジャグラーはバー確率に設定差があり、高設定な台ほどバー確率が良くなっています。
そのため、{バー確率より、おそらく高設定なのに、ビックがひけなかったせいで出玉自体は少ない不発高設定台}というものを見つけやすいのです。
ノーマルAタイプですから、ある意味、1番設定を判別しやすい台がパチスロジャグラーシリーズなのですね。

そのため朝1は、ジャグラーの{高設定なのにビックがひけなかったせいで、出玉自体は少ない不発高設定の据え置き}を狙うのもありかもしれません。
そして打ち始めてからのポイントですが、近くの台の、前日のヘコみ台が、なぜか朝からビック・バーともに高確率で当たっているようだったら、その前日のへこみ台は、低設定から高設定に、設定変更された可能性がありそうです。

すると、その分、自分が打っている前日の高設定の不発台の設定が下げられている可能性が高まります。
2000Gほど打ってみて、高設定レベルでのボーナス出現率になっていないなら、設定変更の可能性があるため、私なら無理せず打つのを辞めると思います。

そして、ハイエナしながら、近くの前日のへこみ台(今日は、なぜか朝からビック・バーともに高確率で当たっている台)が空くのを待ちます。
状況を分析すると、昨日の閉店後、設定変更が行われている可能性が高いからです。

一方で、もし、近くの台の、前日のヘコみ台が、今日もへこんだままだったら、自分が打っている前日の高設定の不発台が据え置かれている可能性が高まりますので、もう少し粘るかもしれません。

このように、設定の推測がしやすのがパチスロジャグラーシリーズだと言えるかもしれません。

整理券をとっているくせに、朝1からジャグラーの島にダッシュする人は少ないので、競争が激しくないところもいいですよね。→パチンコ整理券から入場までの流れ(【第8話】ジャグラー設定6への道のり)

私は整理券で5番くらいをひけたのに、新台を無視して、ジャグラーの島にダッシュしたことがあります。
その後、一般入場が行われるまで、ずっとジャグラーの島で1人でした。
整理券、必要なかった~笑

ジャグラーラブ!笑

あ、それとジャグラーが朝1のお勧め台である理由は、もう1つあります。
朝から閉店まで打つなら、やっぱり高設定台を打ち続けるのがベストなのですが、ジャグラーは高設定が入る台数が多い傾向にあるようです。
※高設定を使う優良店の話。普通の店は、機種問わず、ほぼホール低設定。

設定6の機械割がもっと高い台もありますし、設定6の判別をしやすい機種もありますが、そういった機種には設定6が使われにくい現実もあるようです。
もし、そういった機種に設定6が使われているなら、朝1は、その機種に行った方が良いでしょう。
ただ、設定6が使われていないなら、ジャグラーを朝1から打つのも良いと思いますよ。

ジャグラーに設定6を使う店は探せばあると思います。地域によっては、ジャグラーに設定6を使っている店がまったくないところもあるのかもしれませんが・・。
現実的に、高設定の台が存在し、その高設定台に座れる可能性が高いのがジャグラーのため、ジャグラーは朝1から打つのにお勧めだと言えそうです。

★まとめ★

①パチスロジャグラーシリーズは、エクセルなどを活用しデータをしっかりとり、店の設定状況や設定変更の癖を把握できると設定を見極めやすい機種になりうるため、朝1から打つのに、お勧めな機種の1つになる。

②ジャグラーは朝1、リールガックンチェックに設定変更判別が可能な店もある。リールガックンチェックができる店の場合、ジャグラーは朝1から狙うべき機種の1つになる→朝1リールガックンチェック実践記(【第12話】ジャグラー設定6への道のり)

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
5円スロットで勝つ方法
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ
ジャグラー優良店の探し方