スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

パチスロのゾーン狙いは宵越しで!

宵越しのゾーン狙い!ハイエナ立ち回りのコツ

dorubako

パチスロでゾーンを狙う場合は「宵越しゾーン狙い」が美味しいですよね。

なぜって?
普通にゾーンを狙う立ち回りでは、美味しい台を取れる確率が低いからです。

例えば、ボーナス後100Gが熱い台があるとします。
でも、ボーナス後100Gが当たりやすいことなんて、皆、知っているため、ボーナス後100ゲーム以内の台なんて座れませんよね。

しかし・・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

閉店前にゲーム数チェックに行くと、ボーナス後0ゲームの台も拾えるようになるんです。

例えば、ボーナス消化中に閉店を迎えた台があるとします。
その台は、ボーナス消化が終った段階で当日の稼働が終了します。
その台を翌日、0ゲームから打つならば、ボーナス後0ゲームの台を打つことになるわけです。

ボーナス後、0ゲームの台を連チャンしやすい100ゲームくらいまで打てるなら、ゾーン狙いのハイエナとしては最高ですよね。

また、例えば、400Gから500Gの間が当たりやすい台があるとします。
でも、400Gから500Gが当たりやすいことなんて、皆、知っているため、400ゲーム代の台なんて空いていません。

しかし、閉店前にゲーム数チェックに行くと、400ゲーム代の台も拾えるようになるんです。
例えば、閉店時に300ゲームの台があるとします。
翌日、100ゲームまわされていたら、昨日のゲーム300と、本日のゲーム数100を足して400ゲームです。

この宵越しゾーン狙いの立ち回り方法なら、ライバルがいないために、熱いゾーンの台を、どんどん拾っていけます。

ハイエナの立ち回りに徹していた時には、「宵越しゾーン狙い」と「宵越し天井狙い」に徹していました。
「宵越しゾーン狙い」と「宵越し天井狙い」は、ライバルがほとんどいないため、美味しい台(機械割が高いゲーム数の台)が拾いやすく、1日のうちに、何台ものハイエナだけでトータル万枚を達成したりもしていました。

ハイエナしやすい店を見つけることが出来れば、ゾーン狙いや、天井狙いのハイエナだけで、1万枚分のレシートをゲットできることもあるわけですね。

ただ、閉店前にゲーム数を見に行くのが面倒ですよね。

閉店前にゲーム数を見に行く時には、22時に{稼働の少ないA店}の閉店間際のゲーム数をメモり、メモり終わったら即移動し、22時15分から{閉店間際まで稼働の多いB店}で閉店まで待ち、ゲーム数をメモるようにしていました。

こうすることにより、2店の{閉店間際のデータ}が手に入ります。
すると翌日の立ち回りの幅が広がります。

翌日は、まずは朝から稼働の多いB店で、宵越しで狙える台を打っていき、打てる台がなくなった昼くらいに、{稼働の少ないA店}に移動し、A店でハイエナを行う・・という立ち回りをしていました。

稼働の少ない店では、昼になってもノーボーナスの台が多くあるからです。

そして夕方くらいから、高設定の入る稼働の多い店に移動し空いた高設定台をゲットし、閉店まで高設定台を打ち続ける・・という立ち回りを心がけていました。

なぜ、このような立ち回りをしていたか?というと、ゾーン狙いや天井狙いは、宵越しで狙わないと、普通に立ち回るだけでは、美味しいゲーム数の台が空かないからです。

高設定台をゲットすること以上に、美味しいゲーム数の台をゲットするのは難しいですよね。
ゲーム数は目で見て、すぐにわかるため、とにかくハイエナできる台は空きにくいわけです。
なので、ゾーン狙いや天井狙いは、昨日のゲーム数を利用した宵越しで狙うわけですね。

昼間は仕事で、夕方からしかホールに行けない場合は、夕方までノーボーナスの台が多い、客が少なく稼働の少ない店で「宵越しゾーン狙い」と「宵越し天井狙い」をすると良さそうですね。
そこまで稼働が少ないと、設定1の台が多いでしょうが、だからこそライバルとなる{スロットで勝とうとしている人}がいないため、
美味しい台が拾いやすかったりもします。

また、そういった店は設定変更を、あまり行わないため、設定変更されるとゲーム数がリセットされてしまう機種の「宵越しゾーン狙い」と「宵越し天井狙い」をしやすいメリットもあります。

スロプロ時代、1番ハイエナで稼げていたお店は、そういった稼働の少ないホールでした。
3日越しの宵越し天井狙いなんか、最高に美味しい台があったりして、最も稼げましたね。
稼働の少ないホールは、ハイエナ狙いには、実はお勧めなんですよ。

★まとめ★

①ゾーン狙いや天井狙いのハイエナ立ち回りの場合、現実的に、宵越し狙いでないと打てる台を見つけることが困難なため、宵越し狙いが基本となる。

②3日越しの宵越し天井狙いができる稼動の少ない店でライバル不在の中、ハイエナに徹する立ち回りができると、かなり勝てることもある。これは机上の理論ではなく、実際の経験談。ただし4号機時代の話。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
5円スロットで勝つ方法
ジャグラー優良店の探し方
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ