スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

スロット!朝一の立ち回り方法

パチスロで勝つための朝1の立ち回り方とは?

dorubako1

スロットの朝1の立ち回りで大事なことを、ついつい忘れていませんでしょうか?
他のパチスロのサイトを見ると、あまり書かれていないようなのですが、スロットの朝1の立ち回りで、超重要なことは・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

前日の情報収集ですよね。

朝からパチスロを打つうえで、勝つ立ち回りをしたいなら、前日の情報収支は、とても大事だと感じています。

例えば休日の土曜日に、朝1から打つ予定の場合、金曜日の夜の閉店20分前に、明日、行く予定の店に下見に行きます。
20分の間に、今日、出た台や、凹みが激しい台など、設定変更されそうな台をチェックしていきます。
また、ハイエナできそうなゲーム数で終わっている台の台番号とゲーム数や、ボーナス消化中に閉店を迎えた台の台番号などを控えていきます。
そして、目立たないように、閉店になった瞬間、こそこそと出ていき、家に帰って、明日の作戦を練ります。

本当は、閉店時間40~50分前に、近隣の{稼動の少ない不人気店}でハイエナできる台をメモっておくと尚、良いです。
稼動の少ない店では、閉店時間40~50分前に、ハイエナ出来そうな台のゲーム数とボーナス回数をメモっておくと、次の日、高設定台をとれなかった時に役立ちます。
稼動の少ない店では、閉店1時間前を過ぎてから客が空き台に座り、そこからボーナスをひくケースが少ないからです。
万が一、ボーナスを引いても、ボーナス回数から{前日、閉店前にボーナスをひいたか?}がわかるため大丈夫です。

さて、朝1の高設定狙いの立ち回りですが、週末にかけて設定変更をする頻度の高い店なら、本日、へこんでいた台を狙いますし、週末にかけて設定変更しない店なら、本日、設定は高かっただろうに、あまり枚数はでていないであろう{不発の高設定台}の据え置き(高設定台の据え置き)も視野に入れて狙い台を考えます。

整理券の番号が悪かった場合に備えて、候補台を3つくらい用意しておきます。

ジャグラーデータ

本当は、上の写真のように、その店の各台のデータをエクセルに毎日、打ち込んでいき、店の設定変更の癖を調べた方が良いのですが、そこまで時間がない場合は、ヘコみ台の上げ狙いor高設定の据置を狙うと良さそうです。

 

で、当日。
当日は朝から整理券を取りに行き、入店後は狙い台を抑えます。
ここでポイントなのですが、出来れば、早く{設定変更をしているかどうか?}を確認できる台を狙うと良いでしょう。

例えば、昔のジャグラーは朝1、30Gほど回せば{設定変更をしているかどうか?}を確認できていました。
他にも設定変更後に当たりやすい台や、設定6だけは特殊な台などを打つようにすると、だらだらと低設定を打ち続けてしまう損を回避することができます。

ちなみにパチスロジャグラーシリーズでは朝1、リールガックンチェックによる設定変更判別を行うことができます→朝1リールガックンチェック実践記(【第12話】ジャグラー設定6への道のり)

座った狙い台が高設定ならば「やったー」ということで、1日、打ち続けます。
狙い台が高設定ではなかったら「残念」ということで見切りをつけて、私の場合は、ハイエナしながら高設定が空くのを待つようにしていました。

ここで役に立つのが前日の調査です。
前日の調査から、本日、ハイエナに向いている台を打っていきます。
そして、たまに「これは高設定だろう」という台が、空かないかチラ見しにいきます。

そうやってハイエナをしながらお小遣い稼ぎ&時間をつぶし、高設定台があいたら即、とって、後は閉店まで打ち続けます。

ちなみに、稼動の多い高設定が入る人気店では、13時くらいまでには宵越し狙いのハイエナが出来る台はなくなります。
そこで、昼以降は、前日、閉店前に調査した稼動の少ない不人気店に移動するのも良さそうです。
昼過ぎには、100ゲーム~500ゲームくらいまわされている台がチラホラでてくるので、宵越し天井が狙いやすくなります。
宵越し天井狙いのハイエナなどを行って打つ台がなくなったら、また稼動の多い高設定が入る人気店の様子を見にいきます。

毎回、朝から高設定台が取れれば理想ですが、高設定台をとれない日も多いのが現実ですよね。そこで、高設定台が取れなかった時に備え、閉店前に宵越しハイエナが出来そうな台を探しておくと、ハイエナで収支をプラスにしていけそうです。

それと、書き忘れていましたが、閉店前にパチンコ屋にデータを見にいく時間をとれない場合や面倒な場合は、出球をネットで公開している店を探し、その店で打つようにするのも良さそうです。

出玉をネットで公開している店は、高設定を使っている店が多いため、前日の出玉をネットで調べ、狙い台を決めて朝1から打ちにいくのも良さそうですね。

さて、朝一のドキドキ感はたまりませんよね。→パチスロ朝1の立ち回り実践記(【第13話】ジャグラー設定6への道のり)
朝から高設定台を閉店まで打ちたいですね。

★まとめ★

①朝からパチスロを打つ場合は前日の調査が重要。前日の調査で「次の日、勝てるかどうか?」の多くが決まってしまう。

②朝から高設定台を狙ったものの、高設定台をとれなかった場合に備え、宵越しのハイエナが出来る台を前日の閉店時にチェックしておくと月間の収支が良くなる。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
5円スロットで勝つ方法
ジャグラー優良店の探し方
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ