スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

パチスロ設定判別!本当のコツ

当日の出方やデータからでは設定はわからない?

dorubako

スロットは高設定を打てると、よく当たるし出るし、面白いですよね。
そのためユーザーとしては高設定の台を打ちたいわけですが、パチスロは設定判別が難しいですよね。
パチスロ台の設定判別の方法として、当日の出方や当日のデータだけでは不十分であり・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

実際は「店の癖から設定の判別を行う」が重要になりそうです。

なぜなら、設定1でも、1日くらいなら、設定5や設定6みたいな出方をする台もでてくるからです。
20台、全てが設定2であっても、1日単位でみれば、何台かは設定1以下の出方・データになるでしょうし、1~2台くらいは、設定5とか設定6のような出方・データになる場合もあるでしょう。

そのため、お客さんは、本当は全台設定2なのに「今日の台は絶対に設定1だ。設定1以下の出玉だもん」と嘆いたり、「今日は設定6に座れて大勝した!やったー!だって設定6より大当たり確率が高かったもん」と勝手に思い込み、一喜一憂することになるのかもしれません。
※全台設定2で1ヵ月ずっと運営しても、設定2の機械割は100以下なので、店は月トータルでみると黒字となる。

では、当日の出方や当日のデータだけで設定判別できないなら、どうやって設定を見極めればいいのでしょうか。
そのためには、店の設定の入れ方の癖を把握することが重要になりそうです。

1日単位では、店の正確な設定配分や設定配置はわかりませんが、1ヵ月間、毎日ホールに通い、データを見ていると、おおまかに設定の入り具合がわかってきます。
※出玉をネットで公開している店の場合、毎日、パチ屋に行かなくてもネットで調べればOK。

ジャグラーデータ

上の写真のように各台のデータをエクセルに打ち込んでいくと、一目で、店の設定配分や設定配置がわかるようになり、立ち回りの精度が上がり勝率・収支ともに良くなるのでお勧めです。

例えば、以下のような感じです。

「設定6以上の出方をする台が、1か月間、平均して1日に1~2台はコンスタントに存在するから、設定6を1日に1台か2台は使っているのだろう。」
「設定6以上の出方をする台も1ヵ月のうちに2~3台はあったが、コンスタントには存在しないから、それは、たまたま設定4あたりがふいただけなのだろう。この店は、設定6を使っていないと思われる。」
「明らかに設定1以下のデータの台が大半の中、週末には必ず、2~3台は設定5以上のデータを示す台が現れるから、この店は、金曜日の閉店後に設定変更を行い、土日に設定5もしくは設定6を2~3台、入れているのだろう」
「1ヵ月平均して、設定2~3くらいのデータの台が大半であり、設定1以下のデータとなる台も少ないし、設定6以上のデータとなる台も少ないから、この店は、設定1と設定6を使わずに、中間設定を多めにもちいて、客に遊んでもらう方針なのだろう」
「この店は、必ず角台もしくは角台の隣に、高設定の出方をする台が現れる。この店は高設定を角台もしくは角台の隣に入れる店だ。」
「この店は、数日間、ずっと高設定の出方をする台がある。おそらく高設定の据え置きを多用する店なのだろう」

1ヵ月、店に通い、店の設定の状況・・・
①設定5、設定6を使っているか?使っている機種は?使っている曜日は?
②中間設定メインか?それとも設定1と設定6などメリハリがあるか?
③高設定を、どの位置にいれる傾向が強いか?(角台や真ん中の方など)
④設定変更を頻繁に行うか?据え置きが多いか?
⑤高設定の据え置きを行うか?
⑥設定変更はランダムか?それともある程度、予想できるか?
⑦高設定にあげる低設定台は、差枚数で決めているか?それとも稼働がない台を高設定にあげているか?
⑧コーヒーガールのお姉さんの設定はどうか?
※差枚数管理とは、お客が負けた(勝った)金額により設定変更を管理する方法。
例えば1000回転でビック0回より、7000回転でビック3回の方が客は損をしている。

店の設定の状況がわかってくると、当日の出方だけでは判断できない設定を、判断できるようになってくるようです。

パチスロの設定判別では、店の設定の癖を把握することが大事なんですね。

特に大事なのが「何台、高設定を使うか?」です。
例えば、ジャグラーが20台あるとします。
毎日、ホールのデータをとっていると、「1日に何台、高設定が入るか?」がわかってきます。

仮に20台中、毎日3台、高設定が使われていることがわかったとします。

するとパチ屋で実際にジャグラーを打つ際に、消去法で高設定台を探せるようになります。
例えば、夕方にホールに行った際、既に明らかに高設定の出方をしている台が3台、あっとします。
その3台には、閉店まで打ち続けそうな若者が座っているとします。
この場合、ジャグラーは20台あっても、高設定は3台しかないことを知っているため、「他にも高設定台があるかも!」と思い低設定台を打つことがなくなります。

もし、「1日に何台、高設定が入るか?」を知らなければ、明らかに高設定の出方をしている台が3台あっても、「他にも、まだ不発の高設定台があるかも」と考えるしかないですよね。
そして、そう考えると、空いている台の中で1番、高設定の可能性がありそうな台を打つことになるでしょう。
しかし、その台は低設定です。なぜなら、1日に3台しか高設定は使われていないからです。
そんな立ち回りをいつもしていれば、収支が、どんどん悪化しそうですよね。

他にも「1日に何台、高設定が入るか?」を知っているメリットはあります。
仮にジャグラー20台中、毎日3台、高設定が使われていることがわかったとします。

夕方、ホールに行ってみると、まだ1台しか明らかに高設定の台が存在しなかったとします。
すると「あと2台、高設定の台があるハズだ」と判断でき、不発の高設定台を探して打つことができるでしょう。
そういった立ち回りをしていたら、高設定に座れる日も増えて、収支が改善されそうですよね。

このように、パチスロでは、当日の出方やデータから設定を判断したり推測したりするのではなく、店の設定変更の癖や、店の設定状況から、高設定台を探していくことが重要になりそうです。

★まとめ★

①パチスロの設定判別は、自分の打っている台だけで行うよりも、周りの台との比較も含めて行う方が精度が高まる。例えば「角1と角3の台が死んでいるから、角の2が高設定だ。現状、角2も、そこまでボーナス確率は良くないが・・。」という感じ。

②「1日に何台、高設定が使われるか?」がわかると、消去法によって高設定を見つけやすくなる。

②周りの台との比較から消去法を用いて高設定を探していった時の実践記→ジャグラー朝からハマり!勝つには?(【第9話】ジャグラー設定6への道のり)

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
5円スロットで勝つ方法
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ
ジャグラー優良店の探し方