スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

初めてのスロットの打ち方!

初心者でも簡単!わかりやすいパチスロの打ち方とは?

gogo

今回はパチスロ初心者入門講座として、「スロットの打ち方」をパチンコ屋さんに入店するところから、わかりやすく解説していこうと思います。簡単な勝率をあげるコツや秘訣も書いていくので、楽しんでいって下さいね。
ではまず、パチンコ屋さんに入店するところから見ていきましょう。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

パチンコ屋さんの店内には、パチンココーナーとスロットコーナーがあり、パチンココーナーやスロットコーナーの中にも、レートが違うコーナーがあります。
入店したら、まずは、スロットコーナーを探し、自分が目的とするレートのコーナーを見つけましょう。
※パチンコ屋によっては、スロット台のみ置いている店や、パチンコのみ置いている店がある。また店によって、設定している台の機種や、設けているレートが異なる。そのような店の情報については「ピーワールド」で検索すると調べることができる
※レートについての説明は、5円スロットで勝つ方法(20円スロットで負けるくらいなら5円スロットで勝とう!)にて。

自分が目的とするレートのコーナーを見つけたら、打つ台を選んでいきましょう。
パチスロ初心者ならば、全国、どこのホールでも設置されているジャグラーという機種がお勧めです。
パチスロジャグラーシリーズはシンプルでわかりやすい台で、知識がない初心者でも楽しみやすい機種だからです。

台に座ったら、サンドといって、台の隣にある{お金を入れる機械}に1000円札を入れます。するとコインがジャラジャラと出てきます。
20円スロットなら50枚、5円スロットなら200枚、2円スロットなら500枚のコインが出てきます。

ジャグラー各名称

次は出てきたコインをコイン投入口に入れていきます。
1回打つのに3枚のコインが必要なため、最低でも3枚以上は入れる必要があります。
コインは1枚づつしか入りませんが、10枚くらいのコインを重ねて投入口にもっていき、1枚づつジャラジャラーと入れていくと効率良く、コインを台に入れていくことができます。ちなみに、コインはマックスで50枚までしか入りません。

普通は20枚くらいコインを入れてから打ち始めるでしょうか。コインを入れたら、次はレバーを下に押します。するとリールが回り始めるので、ボタンを左から1つづつ押していきます。
ボタンを押すと、各リールがストップしてとまります。ここまでが一連の動作です。この1連の動作を「打つ」とか「まわす」と言って、ボーナスが当たるまで打ち続けるのがパチスロです。

ちなみに、ボーナスが当たるまでは目押しの必要はありません。本当は目押しをしてチェリーなどの子役を揃えた方が良いのですが、メインの子役であるリプレイやベル・ぶどうなどは、狙わなくても勝手に揃うため、通常時はテキトーにボタンを押して大丈夫です。
目押しが苦手な女性やご年配者の多くは、パチスロ歴が長い人でも通常時は目押しなしで適当打ちをしている人が多いです。さて、ボーナスが当たったら、7が揃えられる状態になります。

ボーナスが当たったかどうか?は、パチスロ台についている液晶画面などで、すぐにわかります。
ジャグラーならゴーゴーランプが光ったらボーナス確定ですね。ボーナスがあたったら7を狙ってボタンを押し、7を揃えます。目押しができない場合は、スロット台の上についているデータ機器に{コールボタン}があるのでコールボタンを押しましょう。店員さんがきて7を揃えてくれます。

店員さんが目押しサービスをしていない店の場合は、隣で打っている人に「(7を)揃えてもらえませんか?」とお願いしましょう。目押しができる人なら普通は、いろいろ言わず揃えてくれます。パチスロを打っていると、頼まれることも少なくないから{頼まれること}に慣れているわけですね。

7が揃ったら{ボーナスゲーム}に突入します。台の音楽などが変わるので、わかりやすいです。ボーナスゲームでは、ボタンの押し順を「左、右、真ん中!」などと音や液晶画面で教えてくれるので、その通りに打っていけばOK。子役が揃い続け、コインが増えていきます。ジャグラーの場合はボーナスゲーム中も、目押しなしの順押し(左から順にボタンを押していくこと)でOKです。

約300枚ほどのコインがでたらビックボーナスが終了し、また通常ゲームに戻ります。通常ゲームでは、またボーナスが当たるまで一連の動作・・・コインを入れて打つを繰り返します。運よく、ボーナスがテンポよく当たれば、コインが増えていきます。下皿にコインが入りきれなくなったら、台の上に置かれている箱にコインを移します。

さて、辞め時ですが、普通は{当たりやすいゲーム数}を過ぎたら終了します。「当たりやすいゲーム数は何ゲームか?」については、グーグルの検索窓に「機種名 解析」と入れて検索すると情報がでてきます。
ジャグラーに関しては、{当たりやすいゲーム数}などはないので、いつ辞めてもOKです。

そして辞める時は、下皿のコインを箱に移して、店員さんに箱を渡します。すると店員さんがコインの枚数を数える機械にコインを流し込みます。コインの枚数を数え終わると、コインの枚数が印字されたレシートをもらえるので、そのレシートを受付カウンターにもっていきます。

受付カウンターで店員さんにレシートを渡すと「全部交換で良いですか?」と聞かれるので「はい」と答えます。
すると、端数分のコインをお菓子に変えて、お菓子と、長方形の薄い小さな板を何枚か渡されます。この長方形の薄い板を交換所で現金に換えるわけですね。

パチンコやパチスロは変な決まりがあって、店内で景品(長方形の薄い板)をお金と交換できません。交換所は、店の外にあります。店のすぐ近くにあるのですが、店外にあるわけですね。初めて行くパチンコ屋さんでは交換所の位置・場所がわかりませんので「交換所はどこですか?」と聞き、教えてもらいます。

交換所に着いたら、薄い長方形の板を渡します。すると現金をくれます。これにて、一連のパチスロの作業全てが終了です。使ったお金より、交換所で戻ってきた現金の方が多ければ勝ちですし、少なければ負けですね。

パチスロでは万枚といって、運が良いと1万枚ものコインを1日のうちに獲得できます。そんな日は、ボーナスが当たり続け、コインが出続け、コインを入れた箱が何箱にもなります。万枚を交換すると20円スロットの場合(レートが20円の場合)、20万円になります。1日で20万円も勝ったら、最高ですよね。万枚はパチスロを打つ人の夢や目標でもあります。

ちなみに、私の最高枚数はジャグラーの9000枚です。9000枚なので、換金した時には18万円ですね。
ジャグラーは「遊びやすい台だけど出ない」なんて話も聞きますが、ジャグラーも出る時は出るんですよ。
ジャグラーはペカっとゴーゴーランプが光ればボーナス確定とシンプルで、いつでも何ゲームでも、常に光る可能性があるためドキドキできて、打っていて楽しいです。ジャグラーで万枚を出してみたいですね。

★まとめ★

①初めてパチスロを打つ場合はパチスロジャグラーシリーズがお勧め。「ゴーゴーランプが光ればボーナス確定」とシンプルでわかりやすい。

②元スロプロ・ジャグプロ(ジャグラーで勝つプロ)が、約10年振りにパチスロを手探りで打ち始めた時の実践記はコチラ→ジャグラーガールズの設定判別方法(【第2話】ジャグラー設定6への道のり)

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
5円スロットで勝つ方法
ジャグラー優良店の探し方
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ