スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

ジャグラー攻略法(本物)

実践で結果がでるジャグラー攻略法とは?

S__5349382

ジャグラーって、最高に楽しく面白い台ですよね。
私はジャグラーが大好きで、今まで何十万回転もジャグラーを回してきています。
また、お蔭さまでパチスロジャグラーシリーズのトータル収支は余裕でプラスです。

そんな私のジャグラー攻略法は「シンプルに高設定台のみを打つこと」です。王道/正攻法の立ち回りですね。

ちまたでは、「100ゲーム以内が当たりやすい」とか「ハマった後は連チャンしやすい」とか「バーに偏っている台はビックがこない」とか、いろいろと言われていますが、私は気にせず、とにかく高設定台だけを打つことに徹しています。

なぜか?それは以下の理由も関係しています。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

<ジャグラーの波理論>
パチスロジャグラーシリーズには波(ハマったりジャグ連したり)があり、波に上手く乗って立ち回った方が効率良く勝てる!ということで、ハマり台を狙ったり、ハマった後に単発で終わっている台を狙ったり、100ゲーム以内の台を狙っている人がいることは知っています。
そして、その結果についても、自分的にはわかっているつもりです。ジャグラーの島に、もう長いこといるので、いろいろな人の、いろいろな打ち方と、その結果を、観察してきているからです。

個人的な結論としては、ジャグラーの波理論で立ち回り勝つのは難しいということです。
例えば、よくあった光景です。
朝からジャグラーの高設定をぶん回していると、近くの台がハマり、ハマったお客さんが辞めていきます。ゲーム数は600ゲームだとします。
貴方だったらどうします?そろそろ当たりそうだし、当たれば、その後、連チャンしそうだから打ちますか?その後、「ハマり台狙い」のお客さんが、どんどん、そのハマり台に入れ替わり、立ち代わりチャレンジしていきます。
ある人は1000円分打って辞めていき、ある人は1万円分打って辞めていきます。観察していると、とうとう2000ゲームになりました。
ジャグラーなのに2000ハマりです。もし、ゲーム数600の時に「そろそろ当たりそうだ。当たればハマった分、連チャンしそうだ。」ということで打っていたら、ジャグラーなのに4万円以上つっこんでノーボーナスです。
しかも天井がないため、いつ当たるかわからないし、その後に連チャンする保証は0です。いつまで粘って打ちますか?

その後、結局2200ゲームくらいで当たったと記憶しています。
「連チャンするかな?」と思って観察していましたが、100ゲーム以内に1回ビックが来ただけで、その後、また200ゲームを越えていきました。

こういったことが起きうるので、ジャグラーの波理論で立ち回るのは難しいと感じます。
2000ゲームまでハマることは滅多にありませんが、長くジャグラーの島にいると1000ゲーム以上ハマる台は、ちょくちょく見ます。
そして、その後に連チャンしない台も見ます。

そのため、実際にジャグラーの波理論に従って立ち回ると、ヒキが強い時(運が良い時)には、そこそこ思っているとおりアタリ、「ほら。やっぱり650ゲームくらいで当たり、その後に連チャンした!」と<ジャグラーの波理論>に自信をもつわけですが、ヒキが弱い時には、600ゲームから1500ゲームくらいまで連れていかれ、その後も連チャンせず・・などで、収支がマイナスになってしまうことでしょう。
台の調子を見てジャグラーを打つ場合、勝ったり、負けたりしつつも、トータルで見ると機械割で言えば、96~97%くらいになるでしょう。
つまり、設定1の出玉率の負け具合になるでしょう。打っている台の多くが、設定1だからでしょう。

これは、ジャグラーのゾーン狙いでも同じだと言えそうです。
人によって、「当たりやすいゲーム数」を自分的にもっていますよね。
ある人は「150ゲームから250ゲームの間によく光る」と思っている人もいます。
そんな人は、150ゲームから250ゲームの間だけ打ちます。
それで勝てるかどうか?は、ヒキが強い時(運が良い時)には勝てるでしょう。
しかしヒキが弱い時には負けるでしょう。
ゾーン狙いの立ち回りをジャグラーで行えば、勝ったり、負けたりしつつも、トータルで見ると機械割で言えば、96~97%くらいになるでしょう。
つまり、設定1の出玉率の負け具合になるでしょう。打っている台の多くが、設定1だからでしょう。

そんなこんなで、ジャグラーは、高設定台を打つしか勝つ方法がない、と個人的には思っています。
高設定台でも、もちろんハマることもありますし、連チャンしないこともあります。
高設定台であれば、ヒキが強い時(運が良い時)には勝てるでしょう。
しかしヒキが弱い時には負けることもあるでしょう。
高設定狙いの立ち回りをジャグラーで行うと、勝ったり、負けたりしつつも、トータルで見ると機械割で言えば、104~107%くらいになるでしょう。
つまり、設定5や6の出玉率の勝ち具合になるでしょう。打っている台の多くが、設定5や6だからです。

これは、{パチスロが成り立つか?パチンコ経営が成り立つか?}という話と一緒だと言えそうです。
ヒキが強い人がジャグラーの高設定台ばかり打っているから、ということで、その人の出玉率が機械割で140%で推移し続ける、ということはありえないでしょう。
ジャグラーの設定1ばかり打っているけど、その人は、ヒキが強い人ため、その人の出玉率が機械割で105%で推移し続ける、ということはありえないでしょう。

もしありえるなら、客の8割9割が強運の持ち主でヒキが強い人達ばかりのホールがあれば、そのホールは、赤字になってしまい経営が成り立ちませんよね。
全台設定1にしても、客の運・ヒキが強い場合はホール側が赤字になるなら、パチンコ屋経営なんて出来ませんよね。

結局、1日単位では運・ヒキの強さの強弱はあっても、月間トータルで見れば、確率通りに収縮されるため、パチ屋は経営が成り立つのです。

それと同じで、1日単位では運・ヒキの強さの強弱はあっても、月間トータルで見れば、確率通りに収縮されるため、ジャグラーの高設定台ばかりを打っていれば、トータルでは勝てるようになるわけです。

というわけで、ジャグラーの本物の攻略法とは「高設定台を打ち続けること」しかないと個人的には思っています。

ただ、幸いなことに、ジャグラーは店の設定状況さえ把握できれば設定判別が難しくはなく、ライバルも少なく、客層の知識レベルが低く、ホール側も高設定を使っているところが多いため、高設定を拾いやすい特徴があります。

ジャグラーの高設定台をゲットして、閉店まで光らせ続けよう。
それが、ジャグラーで月間収支をプラスにもっていく王道/正攻法であり、本物の攻略法だと言えそうですね。

★まとめ★

①ジャグ連理論や波理論など、オカルト理論でジャグラーを打つと、勝ったり負けたりしつつトータルの機械割は97%くらいになる。つまり負ける。打っている台のほとんどが設定1だから。(ジャグラーの設定1の機械割は97%程度)

②高設定のみを打ち続ける正攻法の立ち回りをストイックに続けると負けることもあるがトータルでは勝てることになる。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
初めてのスロットの打ち方!
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ
5円スロットで勝つ方法