スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

マイジャグラーの設定判別が難しい理由

マイジャグの設定判別のコツ

gogo

パチスロジャグラーは、シリーズによって出方が異なるよう感じています。
同じジャグラーといえど種類によって、乱数に違いがあるのでしょうか。
ジャグラーシリーズの中でも、マイジャグラーの設定判別は難しいと感じています。
そう感じている理由は・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

マイジャグラーの連チャン性能の高さです。
オカルトと言えば、それまでですが、マイジャグラーの出方は、ゴーゴージャグラーなど、他のジャグラーシリーズに比べると、同じ100ゲーム以内の連チャンだとしても、当たるゲーム数が早いよう感じます。

例えば、ゴーゴージャグラーが100ゲーム以内に5連チャンする場合は、20ゲームでビック、80ゲームでバー、32ゲームでバー、90ゲームでビックみたいな感じですが、マイジャグラーの場合。
4ゲームでバー、40ゲームでビック、7ゲームでビック、22ゲームでバーのような感じで、同じ連チャンでも当たるゲーム数が早いことが多いように思います。

その分、マイジャグラーは出玉スピードがあり、連チャンし始めるとガンガン、ボーナス回数や出玉が増えていき、一気に高設定っぽい台になるのですが・・・その、辻褄を合わせるかのように、ゴージャグなどに比べるとハマりもきついように思います。

例えば、ゴーゴージャグラーならハマっても300ゲーム代で当たるところが、マイジャグラーの場合は400ゲームを越えてしまうような感じでしょうか。

そのため、ハマると深いせいで「低設定かな?」と思ってしまうし、連チャンすると低設定台でも「高設定かも」と騙されてしまいがちです。
出方が荒い方が設定判別が難しくなりますよね。

4号機時代。
ジャグラーにも、ゴーゴージャグラーやジャグラーガール、ジャグラーTMなど、ジャグラーシリーズはいろいろとありましたが、どのシリーズも設定別のボーナス確率は同じであり、また機械割も同じでした。出方も同じようなものでした。よって、光りの色などの演出部分だけ違っており、内部仕様は同じだと認識していました。

しかし5号機ジャグラーになると、アイムジャグラーを筆頭に、ジャグラーはシリーズによって設定別のボーナス確率が異なるようになり、機械割も異なっています。
そのため、おそらく、同じジャグラーといえど、内部仕様もシリーズ毎に変わっているハズです。

ジャグラーの出方を決めている乱数の部分が、同じジャグラーでもシリーズによって異なっているのかもしれません。
乱数の部分が異なるのであれば同じジャグラーといえど、それぞれ出方に特徴が出てきても当然だと言えそうですね。

出方に特徴があり、連チャンしやすい台や、まったり出る台があるなら、当然、設定判別の仕方もシリーズ毎に変えなければいけません。

設定判別しやすいのは、連チャンとハマりが激しくないシリーズのジャグラーでしょう。
連チャンとハマりが激しくなればなるほど、{連チャン時のボーナス回数が増えている時の設定推測}と{ハマっていてボーナス確率が悪化している時の設定推測}とで差が大きくなり、ボーナスの出方から設定を判別するのが難しくなるからです。

例えば【ギリギリジャグラー】という新台が出たとします。
【ギリギリジャグラー】のボーナス確率や機械割はマイジャグラーシリーズと同じだとします。

しかし、【ギリギリジャグラー】は内部仕様がマイジャグラーと異なり、連チャンしやすくハマりやすい仕様になっているとします。
例えば、1000ゲームハマりは当たり前だとします。

すると、朝から2000ゲーム打って、ビック1回、バー1回だと「この台は設定1だろ」と思い台移動するわけですが、ハマる分、連チャンしやすいため(ボーナス出現率や機械割が同じなら、ハマった分は、どこかで連チャンすることになる)、後から打った人が1000円で光らせた後、怒涛の20連チャンをかまし、2500ゲームでビック11回、バー11回と、一気にビック・バーともに設定6の値を越えてしまうことになりそうです。

そんな出方が激しい台だと、打っている時の出方からでは、設定の推測が難しいですよね。
「今は2000ゲーム打って、ビッ2回、バー3回で設定1以下のボーナス出現率だけど、一気に連チャンして、設定6以上の値になることも、よくあるからな。うーん。打ち続けるか迷うな」などと、なってしまうでしょう。

このように、出方が激しいほど設定判別は難しくなります。
マイジャグラーがもし、実際に内部仕様的に出方が激しい仕様になっているなら、ジャグラーシリーズの中で設定判別が難しい機種、ということになりそうですね。

出方が荒い方がライトユーザーや一般客は喜ぶかもしれませんが、ジャグプロとしては、出方が荒いと設定判別・設定推測がしにくくなるため困りますね。

★まとめ★

①4号機時代のパチスロジャグラーシリーズは、シリーズが違ってもボーナス確率も出方も変わらなかった。よって乱数も同様のものを使用していたと思われる。

②5号機ジャグラーはシリーズが違うとボーナス確率も出方も違う。乱数もシリーズ毎に異なるのかもしれない。

③連チャン性能が高いほど、その分、ハマる時はハマることになる。そういった出方が荒い機種ほど、ボーナス確率から設定を見極めることが難しくなる。

④マイジャグラーの実践記→ジャグラー朝からハマり!勝つには?(【第9話】ジャグラー設定6への道のり)

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
5円スロットで勝つ方法
ジャグラー優良店の探し方
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ