スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

ジャグラー昼からの立ち回りのコツ

昼からジャグラーを打つ際の立ち回り方法

dorubako1

朝1からジャグラーを打って高設定を掴み、閉店まで打てたら最高ですが、ジャグラーは朝1、{リールガックン}くらいしか設定変更判別が出来ないため、朝1より昼から打った方が勝率が高くなる場合も多そうですね。

ジャグラーを昼(午後)から打つ場合、重要なことは・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

朝1と同様、前日までのデータから、ある程度狙い台を絞っておくことだと言えそうです。

昼である12時とか13時とか14時くらいでは、まだ1000ゲームや2000ゲームくらいしか回されていないことも多いですよね。
客付きが、そこまで多くない店の場合、昼でも{ノーボーナスで総回転数300ゲーム}などの台がチラホラあるでしょう。

そういった状況で、ジャグラーの高設定を掴む立ち回りをするためには{当日の出方}だけに頼るのは危険でしょう。
ジャグラーでは設定1でも1000ゲームくらいなら設定6みたいなボーナス確率になることも十分にあるし、設定5や設定6でも、1000ゲームまわしてボーナス確率が設定1以下の場合がありえるからです。

もちろん、確率的には、たとえ総ゲーム数が1000回転しかまわっていなくても、やっぱり高設定の方がボーナス回数が多くなります。
わかりやすい台・・朝から好調な高設定台の場合2000ゲームまわしてビック10回、バー12回など、明らかに高設定の出方をしてくれることもあるので、当日の出方も参考にしつつ、そして前日のデータに照らし合わせて台を選んでいくわけですね。

例えば、ジャグラーが5台あるとします。
5台のジャグラーが13時の時点で、以下のデータになっていたとします。

①1台目
・総ゲーム数1500ゲーム
・ビック回数5回
・バー回数2回

②2台目
・総ゲーム数600ゲーム
・ビック回数0回
・バー回数2回

③3台目
・総ゲーム数2000ゲーム
・ビック回数5回
・バー回数2回

④4台目
・総ゲーム数300ゲーム
・ビック回数0回
・バー回数0回

④5台目
・総ゲーム数3000ゲーム
・ビック回数8回
・バー回数3回

5台が、13時の時点で、この状態だったとします。貴方なら、どの台を打ちますか?
どの台も、ぱっとしませんよね。見た感じ、1台も高設定がありませんよね。
しかし、ジャグラーの高設定を掴む立ち回りをするためには{当日の出方}だけに頼るのは危険です

{高設定台があるかどうか?}は、当日の出方を見て判断するのではなく過去データを調べていき判断します。
過去1週間のデータを見てみて、毎日、必ず高設定のボーナス確率になっている台があるなら・・例えば総回転数7000ゲームでビックもバーも設定6以上のボーナス確率で出ている台が、毎日必ず1台はあるなら、その店はジャグラーに毎日、1台は高設定を使う店なのでしょう。
ということは、今日も高設定台が1台はあるハズです。

当日の出方だけを見て判断するなら「今日は高設定台はないな」と判断して打たないわけですが、過去データから判断すると「この中に、必ず1台は高設定台があるはずだ」という結論になるわけですね。

このように、ジャグラーの設定判別や設定推測は、必ず過去データを織り交ぜながら行うことがポイントです。
そして、過去1週間のデータを見ると{高設定の据置をする・しない}がわかります。
この店では、2日続けて同じ台が高設定になっていない、とします。
また4台目の台は、前日が高設定台だっとします。

そうなると、打つ台が、かなり絞られてきますよね。
まず、4台目の台は、高設定台ではないですよね。

④4台目
・総ゲーム数300ゲーム
・ビック回数0回
・バー回数0回

まだ300ゲームしかまわっていないため、普通なら高設定の可能性がありますが、前日が高設定のため今日は違うでしょう。
過去データから{高設定の据置はない}とわかっているからです。

1台目、3台目、5台目は、高設定台の可能性が確率的には低そうですよね。ビック確率も悪いし、特にバー確率が悪すぎるからです。設定6でも1500ゲームくらいバー確率が悪いことはありますが、確率的には高設定ではない可能性の方が高いでしょう。

と、なると・・・怪しいのは2台目の台ですよね。

②2台目
・総ゲーム数600ゲーム
・ビック回数0回
・バー回数2回

ビック確率は600分の0と最悪ですし、バー確率も300分の1と、高くはありません。しかし、最も高設定の可能性が残されているのは、この台でしょう。というわけで打ってみると、5000円でバーがきて、その後、ビックとバーが200ゲーム以内にコンスタントに当たり・・2000ゲームまわしたところで、ビックもバーも設定6以上の出方となっていて、「やっぱり、この台が高設定だったか!」と、なるケースも少なくないですよね。

このようにジャグラーを昼から打つ場合は、前日までのデータを基本にし、当日の出方から{高設定の可能性が高い台や、高設定の可能性が残されている台}を探していく打ち方になります。

ジャグラーは夕方や夜からの立ち回りが有名ですし人気ですが、総ゲーム数が5000回転にもなると、誰が見ても「この台は低設定」とわかるし「この台は高設定」とわかるようになってきはじめるので、高設定台が空かない状況になりがちです。

確かに、夕方から打つ方が総ゲーム数がまわっているため、ジャグラーの高設定台を見抜きやすいわけですが、簡単だからこそライバルが増えてしまい、ジャグラーの高設定台が空かないために結局、打てない・・となってしまう現実がありますよね。

そのため、朝1や昼など、普通の人にはジャグラーの高設定台を掴むのが難しい時間帯に高設定を掴めるようになると、ライバル不在で、高設定台が空くのをずっと我慢して待つこともなく、ジャグラーの高設定を打てるようになるため嬉しいですよね。

★まとめ★

①パチスロジャグラーシリーズを昼から打つ場合、当日のゲーム数だけに頼って台選びをするのは危険。1000ゲームや2000ゲームまわしただけでは、設定の高低はわからない場合も多いので。

②昼からのジャグラー立ち回り実践記→ジャグラーガールズの設定判別方法(【第2話】ジャグラー設定6への道のり)

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
初めてでも安心!スロットのやり方
パチスロジャグラーの打ち方初心者編
初めてのスロットの打ち方!
ジャグラー設定6の挙動や見分け方