スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

ジャグラー唯一の必勝法

ジャグラーで勝つ方法は2種類ある?

dorubako1

パチスロジャグラーシリーズで勝つ方法としては、2種類の方法が有名ですよね。
1つ目の方法は、設定6などの高設定台で、ハマろうが追加投資をしようが、ひたすら粘って打ち続ける方法です。
もう1つの方法は、ジャグラーの、ハマったり連チャンしたりする波を利用し、波にのっかって打つ方法です。この方法では連チャンすると勝ち逃げをすることになりがちですね。

では、どっちが【月間収支では勝ち続けることができる(月間)必勝法】なのでしょうか。
※毎日必ず勝つのはゴト行為などの不正をしなければ無理。しかし月間では必勝法が存在する。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ


個人的な結論としては、ジャグラーの、ハマったり連チャンしたりする波を利用し、波にのっかって打つ方法で、月の収支をプラスにすることは難しい!というものです。
確かに、確率は収縮するため、ハマっている台があれば、その後、連チャンする可能性は、そうでないよりかは高いかもしれません。
例えば、設定1の台が、ビック確率2000分の1とかになっているとします。
これはいくらなんでも、あんまりですよね。
設定1でも、300分の1以上の確率でビックが当たるのがジャグラーです。
もし、ずっとビック確率2000分の1のままでハマり続ける台が多数ならば、検定に通らないため、店に出回らないでしょう。

逆を言うと、パチンコ屋に出回っている、ということは、検定に合格した台なわけですから、
ハマっており、ビック確率2000分の1とかであれば、それなりの確率(例えばビック300分の1)に戻っていく可能性が高そうですね。

しかし、ここで問題になるのが「じゃあ、ジャグラーのハマり台は、実際には、いつぐらいから確率が収縮して連チャンしだすのか?」という部分です。

例えば、本日のゲーム数が4000ゲームで、現在、800ゲームハマっており、ビック確率は600分の1の台があるとします。
ビック確率が悪すぎですから、さすがに、そろそろ光るだろうし、ビックが連チャンしそうですよね。
しかし、確率が収縮し始めるのは、2万ゲームも先の話かもしれません

検定に通るか、通らないか?は「数千ゲームで確率が機械割通りに収縮するかどうか?」ではなく、数万ゲーム単位のようだからです。

ということは、当日中には、確率は収縮せず、7000ゲームまで、あと3000回転まわしても、たいして連チャンせず、逆にハマり続けて打ち手側は負けてしまう可能性も多いにあるわけですね。

逆を言えば、1日では確率は収縮せず、1日中、光りっぱなすジャグラーもある!ということです。
ジャグラーで9000枚でた時は、1日中、光りっぱなしでした。→ジャグラー最高枚数は9000枚です(万枚まで、あと一歩でした!)

このような実情があり「何ゲームになったら当たるか?いつから連チャンし始めるか?連チャンはどのくらい続くか?」なんてことは、わからない!と言えるのかもしれません。

わからないのに、データやグラフを見て「そろそろ当たるハズだ」とか「そろそろ連チャンしそうだ」とか勘に頼った立ち回りをしていれば、引きが強い時には、1000円で当たり、その後連チャンするでしょうし、引きが弱い日には2万円ノーボーナスとかもあるでしょう。

そして月間や年間のトータルで見てみれば、機械割で言うと96%くらいの出玉率となっているでしょう。
打っている台の多くが設定1だからです。

設定1を数万回転、数十万回転と打てば、設定1の機械割や設定1のボーナス確率に近づいていきます。
でないと、台が検定をとおらないからです

このことは、逆を言うと、高設定台を打ち続ければ勝てることを意味していそうです。
高設定台のみを打つ立ち回りをしていても、設定1の台を打つ時と同様、引きが強い時には1000円で当たり、その後連チャンするでしょうし、ヒキが弱い日には2万円ノーボーナスとかもあるでしょう。

しかし月間や年間のトータルで見てみれば、機械割で言うと106%~110%くらいの出玉率となっているでしょう。
打っている台の多くが設定5や6だからです。

設定6を数万回転、数十万回転と打てば、設定6の機械割や設定6のボーナス確率に近づいていきます。
でないと、台が検定をとおらないからです

というわけで、ジャグラー(の月間)必勝法は、設定5や6の高設定のジャグラーのみを打ち続けることだと言えそうです。
設定5や6でも1日単位で見ると負けることがありますが、それでも高設定台のみを、数万回転、数十万回転と打っていれば、機械割で言うと106%くらいの出玉率に近づいていくでしょう。
それは私の単なる予想ではありません。
そうでないと台の検定が通らず、パチンコ屋にジャグラーの台が出回らないからです。

地味だけど、この「高設定台のみを打ち続ける」が唯一、理に適っており実践可能な、また誰でも再現可能なジャグラーの必勝法と言えるでしょうか。
私はスロプロ時代、1時期、ほぼジャグラーのみ打って、それでいて月間の収支を30万円以上プラスにしていました。
設定6を朝からゲットして負けた日もあったし、高設定なのに4万円以上負けたこともありました。
でも、高設定ばかり打ち続けることで、月間の収支は実際にプラスになっていました。

その理由は、高設定台の機械割が105%~110%だからであり、高設定台を数万ゲーム打った時に、105%~110%程度の出玉にならないならば、その機種は検定を通らないからでしょう。

ジャグラーデータ

ちなみに、上の写真のように出玉をインターネットで公表している実際のパチンコ屋のジャグラー全台の総ゲーム数、総ビック回数、総バー回数をエクセルに打ち込み、店のジャグラーの平均設定を計算しているのですが、だいたい5万ゲームあれば、設定1のビック確率、バー確率に落ち着いてきます。
それは多くの台が設定1だからであり、もし店が全台設定6にしていれば、全台で5万ゲームあれば、全台の平均ビック確率・バー確率は設定6の値におちつくことになるでしょう。
※10万回転もまわす必要はなく、5万回転もあれば、だいたい設定の値におちつくようです。
では、ジャグラーで勝つことは「高設定台のみを打ち続ける」という簡単でシンプルなことなのに、どうして、ほとんどの人がジャグラーで勝てないのでしょうか。

その理由は、ほとんどのホールで、そもそもジャグラーの設定5や6なんて、ほぼ、おいていないからでしょう。
20店舗あれば、19店舗は、そもそもジャグラーの設定5や6を、ほぼ置いていないかもしれません。
そうなると、20店舗のうち19店舗に通っている、ジャグラーを打つお客さんは、ほぼ全員、トータルでは負けていることを意味します。
1店舗の100人の客がいるなら、19店舗あるので、1900人がほぼ、全員、トータルでは負けていることを意味します。
そのくらい厳しいのが現実でしょうか。

そのため、1にも2にも「どこのパチ屋で打つか?」というパチ屋選びが重要になりそうです。
経験上、打つ店で収支は決まります。
まずは、本当にジャグラーの設定5や6を使っている店を探すところから始めるのが、ジャグラーで勝つ第一歩だと言えそうですね。

もしジャグラーで勝てていないのであれば、立ち回りを見返すのではなく、そもそも打っている店に本当に高設定が存在しているのか?を疑った方が良さそうです
全台設定1の店でも、ボーナス確率が表示されるデータを見ると中間設定がちりばめられているように見えてしまいます。
設定1でも3回に1回は設定1以上の出方をすることになるからです。

このことは設定3でも、3回に1回は、設定3以上の出方・・設定4、5、6のような出方をすることを意味します。
しかし設定3の台を打ち続けていても、月間の収支はプラスになりません。

その店の最高設定は3かもしれません。

立ち回りを見返すのではなく、そもそも打っている店に本当に高設定が存在しているのか?を疑ってみよう。
1にも2にも「どこのパチ屋で打つか?」というパチ屋選びが最も大事だと言えそうです。

★まとめ★

①ジャグ連の波を利用して立ち回る方法で「勝ち逃げ」しようとする人も多いが、ジャグラーでは勝ち逃げはできない。その理由は→ジャグラーは勝ち逃げ出来ない(ジャグラーは勝ち逃げが出来ない理由)

②ジャグラーに、本当に設定6を使っている店に入店すると衝撃を受けることになる。私が東京新宿の1フロア全てがジャグラーという超優良店に行った際の話→ジャグラー設定6の本当のデータ(【第15話】ジャグラー設定6への道のり)

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

初めてでも安心!スロットのやり方
パチスロジャグラーの打ち方初心者編
初めてのスロットの打ち方!
パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー設定6の挙動や見分け方