スロット初心者入門講座

スロット初心者入門講座

ジャグラー!実は機械割が高い

実際のパチンコ屋の設定状況を加味すると・・

gogo
ジャグラーは機械割が低い機種と思われていますが、実際の実践で考えると、機械割は、むしろ高い!とも言えるのかもしれません。
どういうことか?と言うと・・

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

ジャグラーは機械割100%以上の高設定台でもハマる時はハマりますし、設定1でも連チャンする時は連チャンしますよね。
設定1でも、1日中、中間設定や、少し不発な高設定のような出方をする場合もあるようです。
設定1の台でも、設定1の確率通りに出る確率は5分の1で、残り5分の4は違う出方をします。
例えば設定1以下の出方をしたり、設定1以上の出方をしたり・・その中で、中間設定や、少し不発な高設定のような出方をする場合もあるのですね。

しかし低設定台だと、ビック確率400分の1で、バー確率600分の1とか、設定1以下の確率になってしまう台も多いですよね。
また、ビック確率が200分の1で1日中出続けるなど、設定6以上の確率でボーナスが出続けることもあります。

ノーマルAタイプなのに、そんな荒い出方になるジャグラーですから、軽い気持ちで、仕事終わりに1時間打って、ビックが連チャンし1500枚(3万円)ゲットする場合もありますし・・

休日に、まったりと朝から楽しもうと打って、まったく光らず、たまに光ってもバーばかりで、4時間で4万円なくなることもあります。

そんなことが続くと「ジャグラー(パチスロ)なんて、所詮、運次第のギャンブルだよな。設定や機械割なんて関係ないよ。」と思ってしまいますよね。

しかし、何万回転、何十万回転と打っていれば、だいたい、{打ってきた台の設定の確率・機械割}に近づくことになるようです。
普通は5万回転も打てば、だいたい打っている台の設定値に近づくようです。
ジャグラーデータ
※ジャグラーが1台あたり1日5000回転の稼動がある場合、10台で5万回転です。
何日分も、実際のホールのジャグラーの生のデータを集計してみた結果、1機種10台が1日5万回転で、だいたい設定1の値に落ち着きます。
要はオール設定1に近い設定状況なわけですね。

なぜか?
でないと、検定がとおらないからです。
検定がとおり、許可が下りて初めて、メーカーは台を出荷でき、パチンコ屋は台を納品できます。

その検定ですが、何万回転、何十万回転と打っても、設定とは、かけ離れたビック確率やバー確率になるなら、設定の意味がないため検定がとおらないそうです。
5万回から10万回もまわせば、だいたい、設定値に近づくことが証明されて初めて、検定がとおり、許可が下りるものと思われます。

ということは、短期的(5000回転くらいまで)にはビック確率500分の1で、バー確率700分の1とか、設定1以下の確率になってしまう台があっても、長期的(数万回転)には、設定1の確率に近づくことを意味します。

そのような場合は、設定1でも、高設定台のような出方をすることになりそうですね。
設定1の据置台の場合、前日まではビック確率500分の1、バー確率700分の1だったとします。
そして次の日、確率が収縮するかのように、ビック確率300分の1、バー確率400分の1に戻るまでには、ビックとバーが相当に連チャンしそうです。
その台を当日だけ見れば「設定6の台だ!」と思うことになりそうですね。本当は、設定1の据置台なのに、です。

このような事情から、全台設定1の据置にしていても、設定1が{設定1以下の出方}になったり、その後{設定1の確率に戻るために設定6のような出方}になったりと暴れるため、客からみると、設定1や、設定5、6が使われているように見えたりもするのかもしれません。

ここまでの話を聞くと「じゃあ、ビック確率500分の1、バー確率700分の1とかの台を打っていれば、収支が良くなりそうだ」と感じます。
しかし、いつ、どのくらい、確率が収縮するか?は、わかりません。
また店側が同一設定の打ち直しをしていたら、台の調子がリセットされ、何日でも連続で設定1以下の出方をし続ける可能性があるかもしれません。

それらの理由より、ジャグラーのハマり台狙いは、結局のところ、負けることになるようです。

そのためジャグラーで勝つには、やはり高設定台を打つしかなさそうです。
本当の高設定台であれば、短期的(5000回転くらいまで)には負けることがあっても、何万回転、何十万回転と打っていれば・・長期的には、勝てることになりそうです。
普通は5万回転も打てば、打った台の設定値に落ち着きそうです。
機械割が105%を越えるジャグラーの高設定台を5万回転打てば・・・1日7000ゲームを7日間打てば、期待収支は10万円を余裕で超えそうです。
設定5や設定6の機械割の高い機種もありますが、機械割の高い機種に、実際のホールで高設定が入ることは稀であり、設定6や5は使われないのが実情です。
しかし、ジャグラーには設定5や設定6が使われます。ホールによっては毎日、使われています。
ジャグラーに関しては、少々、高設定の機械割が低くても、機械割105%を超える高設定台を長く何万回転も打つことが可能な状況にあるわけです。
そういう意味では、ジャグラーは実は、実際のホールに存在する台の中では機械割が高い機種といえます。高設定が実際に現場で使われているからです。

さて、私はジャグラーを、実際のホールで、何十万回転も打っており、そのデータもとっています。
短期的には1000ゲームハマって、ビック確率500分の1とかになったこともありますし、不思議なほど連チャンし、ビック確率が180分の1で出ていた時もあります。
ただ、何十万回転も打った、長期的なデータを見ると、ビック確率は設定2の値で、バー確率は設定5の値になっていました。
このことより、何十万回転もジャグラーを打っていれば、「俺、引きが弱いから、設定1以下を大幅に下回る確率でしかボーナスをひけないよ」とか「私、引きが強いから、設定6をはるかに超えた確率でボーナスを引けてる」とかは、ならないことがわかります。
高設定を打っている時間や頻度が高いなら、設定1から設定6の間の確率におさまるでしょう。
高設定を狙った立ち回りをしていても、設定1を打ってしまう機会もありますし、実際に設定6を掴める時もあるからです。

何十万回転も打って、設定1よりかは良い数字なので、少なくとも設定1以上の台を打っている時間や確率が高いことを意味しそうです。
ちなみに、それでもトータルの収支はプラスです。
また、何十万回転と打っても、ビックとバーで、確率に違いがあります。
ビックは設定2の確率で引いているのにバーは設定5の確率で引けています。

私が打っていた台は、はたして設定なんだったのか?とも思うのですが、結局、何十万回転と打っても、その時や、その人の引き次第で、出方が変わるとも言えそうです。
★まとめ★
①設定5や設定6の機械割が高い機種もあるが、実際のホールで、機械割の高い機種の設定5や設定6が頻繁に使われているか?と考えると微妙。
②パチスロジャグラーシリーズは高設定でも機械割が低いが、機械割が低いからこそホールも高設定を毎日のように使うことも可能。しかしジャグラーに毎日のように高設定を使っているパチンコ屋は、ごく少数の優良店のみ。

★よく読まれている記事★

【人気】儲かるおすすめギャンブル【パチスロより仮想通貨で1000万円】

【人気】パチンコ・パチスロ軍資金の作り方3つ

人気記事ベスト5

パチンコ整理券から入場までの流れ
ジャグラー連チャン後はハマる?
5円スロットで勝つ方法
ジャグラー昼からの立ち回りのコツ
ジャグラー優良店の探し方